役員・学級委員選出について

 

 

選出方法

本部役員

  • 選考委員会が会長1名・副会長3名・書記2名・会計2名・監査3名の候補者を選び、総会にて承認・決定されます。

 

学級委員

  • 4月の懇談会にて学級ごとに選出していただきます。懇談会に欠席の方は、委任状を必ず提出してください。
  • 各学級で3名の学級委員を選出していただき、広報・文化・選考委員を分担してください。(6年生は広報・文化のみ)
  • お子さんが2人以上在籍されている方は、上の学年から先に選出します。
  • 学級委員・地区委員を受けたことの無い方から優先的にお願いしています。
  • 学級委員は、お子様一人につき原則として1回以上のご協力をお願いしていますが、地区委員に関しては各通学班の事情が優先されるため、学級委員を経験された方でもお引き受けいただくことがあります。
  • 時間内に決まらない場合は、抽選等で決める場合があります。 ※ 該当するお子様について、学級委員を経験された方、また理由があって委員を引き受けられない場合には、自己申告をお願いします。
  • 委任状を提出して懇談会を欠席された方については、本部役員が代理で抽選を行います。(「今年度学級委員を引き受けられない理由」が委任状に記入してあり、かつ出席者によってそれが承認された場合、抽選を免除されます。) また、委任状を提出せず欠席された方の分についても、本部役員が代理で抽選を行いますので、あらかじめご了承ください。当たった場合には、学級委員をお引き受けいただきます。
  • 学級委員に選出された方は、懇談会終了後、委員長・副委員長の選出がありますので、帰宅が遅くなる(5時半頃)ことをご承知おきください。

 

地区委員

  • 各地区にて話し合いの上、選出していただきます。

 

 

免除規定について

学級委員の免除対象者

  • 対象児童での地区委員、開校周年記念事業実行委員を含む委員経験者 (学年の状況によっては適用されない場合もあります)
  • 本部役員経験者
  • 転入1年目の方で免除希望者

 

各委員会における委員長・副委員長の免除対象者

  • 委員会の委員長・副委員長、子ども会大代表・副代表を受けた方は、退任後3年間は希望により委員長、副委員長の就任を免除されます。 また4年目以降は、対象児童につき委員長、副委員長の就任を一度だけ辞退できます。
  • 本部役員経験者は地区委員会の委員長・副委員長の就任を免除されます。